Bulk division

トップ > 医薬品製造部門

医薬品製造部門

弊社では、ヨーロッパで古くから薬用として使用されてきたカミツレの有効成分カムアズレンの類縁体であるグアイアズレンを水溶化した水溶性アズレンを商品として扱っています。また、アズレンは共役7員環と共役5員環とが縮環した典型的な非ベンゼン系芳香族炭化水素であり、その縮環構造に基づく高い電子供与性能と高い電子受容性能を備えた特異な反応電子系として広範な分野から興味が持たれています。
弊社では、従来より、様々な新規アズレン誘導体の開発も行っていますので、アズレンおよびその誘導体にご興味のある方はご相談ください。

カモミールの花

水溶性アズレン

水溶性アズレン

カミツレは古くから薬用として用いられ、その薬効はよく知られています。ヨーロッパでは、日常家庭薬として胃腸薬、風邪薬、目薬、浴湯料、喘息薬、また湿疹などのアレルギー性疾患治療薬に用いられてきました。
従来の研究により、カミツレの有効成分はカムアズレン(Cham-azulene)といわれる青色の7員環構造の炭化水素であることが確認されています。
弊社では、過去の研究により、カムアズレンと同じ薬理作用があるグアイアズレン(Guai-azulene)を、化学的に分離・抽出することに成功しました。
グアイアズレンはその特異な抗炎症作用により、グアイアズレン含有製剤が医薬品、医薬部外品、化粧品として広く利用されています。しかし、グアイアズレンは水に溶けないため、水溶性とするには界面活性剤で可溶化するという不便な点がありました。
この問題を解決したのが、弊社において開発されたグアイアズレンの誘導体である、水溶性アズレンです。薬理作用はグアイアズレンと同等で、水溶性であるため、医薬品、化粧品用途として使用に際し、効果を充分に発揮できるのが特徴です。

水溶性アズレン化学式

水溶性アズレン使用上の注意

ページトップへ戻る